バウムクーヘン/バームクーヘンが大好きな人、食べたい人、作りたい人、バウムクーヘン/バームクーヘンのことを知りたい人のためのサイトです。(Since Dec. 2003)

01053CD6-EAC6-4540-90B9-BF87531E4F39.jpg

この写真↑はよく見ると指で「10000」を作っているのですよ〜。
メンバー1万人突破からの現在9000人!(減ってる!)
mixiバウムクーヘン/バームクーヘンコミュメンバー登録お待ちしております!
祝・一万人突破バウムクーヘンは芦屋の名店シュターンさんの特注。(^o^)

【お願い】管理人のかしっくす&おちゃちはバウムクーヘン好きの一般人ですので、
ブログやSNSの記事・画像のキャプチャ・転用や、家族についての調査等はどうかご遠慮くださいね。
何卒宜しくお願い致します。
シェア・ツイートやコミュのご参加は大歓迎です!
ぜひご一緒にバウムクーヘン/バームクーヘンを食べましょう!


2019年09月11日

ホットケーキのように感じるのはなぜ?

「バウムクーヘンの世界」の放送がなされてから早くも2週間ですね。
今日は、焼きたてバウムクーヘンを食べた後の
「ホットケーキみたい」
という言葉に言及してみたいと思います。

さて、ここ2週間のうちのネットでの書き込み等をほぼほぼ目を通していくにつけ、私の容姿や年齢等へのバッシングはさておき、

「バウムクーヘン」か「バームクーヘン」か、ということを、番組をご覧になった人は、バウムクーヘンやバームクーヘンを作っている職人さんでさえも、感覚的には、95%ぐらいは意識していないのではないか?

と、学習しました。

バウムラー達の間では常識でしたが、相当にマニアックな常識だったようです。

だからといって短絡的に「この話はデマだ」と決めつける書き込みもありました。

デマなんでしょうか?

意味を持たずに二つの言葉を同時に使っていてこんがらがった毛糸のようになっていたものに、意味を持たせて区別しているだけなのです。
規則のなかったものに、数多く食べている自分たちが自然と区別するようになった言葉をご紹介しただけなのです。
意味のなかった曖昧な言葉に意味を持たせること、これはなかなか一筋縄ではいかないのだな、というのが感想です。

それはそうと、

「ホットケーキみたい」

という発言にも反響がありました。

職人さんに失礼だろう、バウムクーヘンを軽んじていないか?

というものです。

収録では説明をたどたどしくしていたのですが、カットされていたので、それはスタッフさんから「あとの説明よろしくね」というバトンを渡されたと解釈しまして、ここに見解を書いておきます。

まず、ホットケーキ、皆さんは手作りされたことがあるでしょうか。主に卵、小麦粉、砂糖、牛乳を原料としています。ホットケーキにも、メレンゲで膨らませるタイプ、ベーキングパウダーで膨らませるタイプ、両方ありますが、圧倒的に普及しているのはベーキングパウダーを使用して手軽に誰でもフライパンやホットプレートで焼けるタイプかと思います。

また、食事でもお菓子でも口に入れるものはなんでもそうですが、1番おいしく食べることのできる「旬」があります。1番美味しいと感じることのできる「時期」のことです。
特に、ホットケーキは「焼きたての温かいうちに食べるのがベスト」だと思っています。ヨーグルトを入れるとか生地に工夫をして冷たく冷やして食べるホットケーキも最近レシピがあるにはありますが、アレンジしたものではなく、シンプルな材料で作ったもので、冷めたり冷たくなったホットケーキを提供するお店はわたしは見たことがありません。(なにかを測定したわけでも論文を見たわけでもありませんが)

その、国民的スイーツ?であるホットケーキの、1番美味しい時に、1番おいしく食べた時に感じる極上感。
あれは、
「今、この瞬間しか味わえない特別なもの」
という意識も働くからだと思っています。

さて、収録では、ユーハイムさんがスタジオに大きなガスオーブンを持ち込んでくださり、収録の間に本格バウムクーヘンを焼いてくださっていました。ドイツでは「バウムクーヘン職人は早死にする」とまで言われてしまうガスオーブンの熱さを体験していただくのがメインではありましたが、せっかくだから焼きたてを食べたいということで皆でいただきました。
普通はあり得ない「円盤切り」にカットされた出来立てほやほやのバウムクーヘンを皆で食すことになりました。
一口食べたその後で、マツコさんがホットケーキみたい、と発言した後にわたしもそれに大きくうなづいて同意しています。はい、わたしもそう思います、と。

続きがあるのですが、

バウムクーヘンは、バームクーヘンも含めて、焼きたてほやほやの時、その時は皆、同じように「最上級の極上のホットケーキ、1番美味しい時のホットケーキと似たような味になる瞬間がある」ということです。
材料が同じでフワッとした食感、そして、温かいことでバウムクーヘン内のバターがまだ固まらず流動的、(バウムクーヘンのなかでバターが踊る、と私は表現しますが)流動的なので、バウムクーヘンがより均一層に近くなる。
そんな理由から、バウムクーヘンがもっとも極上のホットケーキに近い瞬間に、あの時に口に入れることができたのだと、わたしは収録時、その興奮状態にありました!

今まで食べたことがないというのも本当で、それは、

「バウムクーヘン」は焼き上げてから、数時間とか数日置いてから、私の言い方ですが、「踊っていたバターがしっかり固定されてから」しか店頭に出されないからです。

食べることができるとすれば、それを焼いている職人さんぐらいしか食べる機会がないのではないでしょうか。

ちなみに、バウムクーヘンの日イベントで、20人で20層のバウムクーヘンを焼くイベントが神戸ユーハイム本店であり、何回か参加しましたが、これも焼いた後で少し生地を冷ましてから皆でカットしていただきます。数十分置いただけでも、口に入れた風味など、全然違います。ホットケーキとは全くの別物となります。

つまり、あのスタジオで焼きたてをいただいたことで、ぼんやりと思っていたことが、はっきりとわかりました。

「ホットケーキの頂点は焼きたてにあるが、バウムクーヘンは、焼きたてのホットケーキの味を起点として、数日後にバウムクーヘン本来の味の頂点を迎える右肩上がりのお菓子である」と。

そして、その時間差による微妙な味や食感の違いも楽しめるお菓子であると。

あのスタジオで、収録時に出来立てを頬張りながら、そんなことが頭の中をパァーッとよぎり、こんな体験ができなんて幸せなんだろうか、と嬉しすぎて。その場で焼いてくださったユーハイムさんには感謝感謝です。

全然、説明ができませんでしたが。

なので、バウムクーヘンを軽んじているなどもってのほかなのです。起点が極上のホットケーキなのである、そこからが右肩上がりなのである、というのは事実なのです。


かしっくす こと 田辺マミ



--
Mami Tanabe
posted by baumzanmai at 00:16| Comment(0) | 管理用 | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

松江 ウィーンの森のバウムクーヘン

image1.JPGimage2.JPGimage3.JPGimage4.JPGimage5.JPG
灯台下暗し。

歩いて5分ほどのところにあるウィーンの森というケーキ屋さん、バウムクーヘンを売っておられました。

というのも、バウムクーヘン情報では今や量質ともに右に出るものなし!の「スイーツそのべ」にて紹介されており、「あれ?あれ!ウィーンの森やん?バウムクーヘンやん!」になったワタシ。
早速、歩いて5分、自転車で1分のその店に寄ってみました。

あったあった。入ってすぐ目に入る、もう、一押しディスプレイコーナーでした。

材料もシンプルなだけあって、お味も非常にシンプル。家庭の味、懐かしい味、ホッとする味、といいますか。

近くにあってよかった。

また購入したいと思います。

かしっくす
posted by baumzanmai at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理用 | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

バウムクーヘン大賞 プレゼントの感想が届きました*\(^o^)/*

今年二月に発表の『2014年バウムクーヘン大賞プレゼント』。
今回のご当選は、バウムクーヘン三昧を始めて間もない頃から、ともにバウムクーヘンを楽しみ、バウムクーヘンに溺れ(笑)、泣き笑い、お世話になっております、海星☆さんでした!
今回のプレゼントとしてユーハイム神戸本店より、本店限定のバウムクーヘンをお送りいたしました。素敵な感想を頂戴しましたのでご紹介いたします(^o^)



------------

バウム大賞のプレゼントが届いたっ。
2014年の大賞は、松江オフ「野外で焼いたバウムクーヘン」のため、商品は管理人さんにセレクトいただきました。
今回かしっくすさんから送っていただいたのは、ユーハイム神戸元町本店のバウムクーヘンと神戸バウムショコラ。
バウムクーヘンはマイスターの手焼きバウムと同じものなのかな?
バウムショコラはバウムクーヘンをチョコレートケーキ生地で包んだものでした。

11749456_831545056936395_606692316_n.jpg

松江オフには私も参加しましたが、事前にかしっくすさんから「海星☆さん、野外バウムクーヘンの生地研究をよろしくね〜」との指令を拝命いたしまして(笑)
ネットで事例を探したり図書館で調べたり、あれこれ思案した結果「ユーハイムの故安藤マイスター技術監修の"ドイツ菓子大全"のレシピがあるじゃないか!」と思い至ったのでした。
またカール・ユーハイムさんが広島の似島(にのしま)捕虜収容所で焼いた日本初のバウムクーヘンは、まさしくBBQスタイルであり、理にかなった選択でした。

そういう意味で、ユーハイムのバウムは今回のプレゼントに相応しいですね。
夏の日差しの下でこんがり焼きあがった、バターたっぷりのバウムクーヘンを思い出しながら、美味しくいただきました。
どうもありがとうございました。

------------

以上、海星☆さんでした!

昨年のバウムクーヘンオフ会でのユーハイムレシピのバウムクーヘンは、そんな海星☆さんの陰の努力なくしては成功し得なかったこと、今更ながら感謝です!
まさに、あの野外バウムクーヘンへの大賞受賞…からの、海星☆さんのプレゼントご当選は、まるで見えない力に導かれたような。

こういう素敵な力を秘めているのが、またバウムクーヘンの力だな、ともこじつけて思ってみたり。

また今後ともよろしくお願いします*\(^o^)/*



かしっくす
posted by baumzanmai at 11:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 管理用 | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

クーヘン楽寿久

image1.JPGimage2.JPGたくさんの詰め合わせで幸せ〜〜!


かしっくす
posted by baumzanmai at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理用 | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

タカキべーカリー バウム蒸しケーキ

image1.JPGimage2.JPGimage3.JPG
中は蒸しケーキで、薄いバームクーヘンで飾り付け?のような。
こんなアイデアもあるんですね。

かしっくす
posted by baumzanmai at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理用 | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

信州バウムクーヘン工房てまりや(3)

image1.JPGimage2.JPGつづき。

今回は「みのり」の耳です。
ソフトなまわりがしっかりフォンダン仕様のバウムクーヘン。
ふんわりしているけどお味はしっかり。甘めです。米粉が入っているせいか、モチッとした食感もあり。この、モチッと、が病みつきになりますな!

しかしこの三点耳セット、この量で送料込み1080円とわ。


かしっくす
posted by baumzanmai at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理用 | 更新情報をチェックする
開催中のポイントアップ企画をチェック!